口周り、頬の吹き出物、湿疹、赤らみ

口周り、顎、頬などに小さな吹き出物が広い範囲でできて赤っぽくなっていました。かゆみはありませんでしたが多少ぴりぴりとした痛みがあることもあります。化粧をしてもカバーできずぱっと見た感じで肌荒れがひどいとわかる程の状態でした。

元々肌トラブルが多く化粧品が合わない、生活習慣の乱れなど様々な要因がありましたが一番ひどかったのは抗がん剤のアレルギーによる肌トラブルで投与している間は避けられないので仕方がありませんでした。投与をしてから期間があくと落ち着きました。

皮膚科の診察を受けて塗り薬を処方してもらいました。大きめの吹き出物には効果がありましたが範囲が広く小さな吹き出物にはあまり効果はなく薬で解決をすることは出来ず、肌荒れがひどい時は化粧水や乳液は最低限で下手に美容液などは使わずあまり長い時間化粧をしないように心がけていました。

生活が出来ないことはないのですがやはり顔は中々隠せるものでもないので肌荒れをしている時はあまり外出をする気になりませんでした。旅行やお出かけなどが重なるとどうやってカバーをするかが悩みでした。痛みより肌荒れによって自分の気持ちが憂鬱になることが困りました。

気にならなくなることはあまりないです。日常的に鏡を見て化粧をするのでやっぱり気になってしまいます。治るまでの間気をつけていたことは出来るだけ肌に良い食べ物を食べ、脂っこいものを避け、清潔にして睡眠をしっかりととることです。下手に化粧品に頼っても合う合わないがあり、コストパフォーマンスも良くないので基本的なことを気を付けました。